大顔の原因であるエラはボトックスで改善【小顔に見せる】

トータルの費用で考える

注射器

持続時間を長くするために

ボトックスをエラが張っている部位に使うと筋肉を細くすることができ小顔効果を出すことができます。ボトックスは表情シワを消せるということで有名ですが、最近ではエラの部分に使う人も増えてきています。この場合には作用を出す筋肉の量が表情シワをとる時よりも大きくなるので、使う薬剤の量も多くなります。そのため通常は表情シワに使う時よりも施術料金は高くなる傾向があります。表情シワの場合には一か所あたりの価格設定になっている場合が多いのですが、ボトックスエラは左右合わせた料金になっていることがほとんどです。左右の筋肉のバランスが違う場合には使う量を変えることもありますが、片方だけに行うことは滅多にないので、左右がセットになっています。料金の相場は5〜10万円となっています。しかし、クリニックに寄ってかなり差があるのが現状で、1度目と2度めでは料金が変わることもあるので、1回あたりの料金を見るよりも何度か施術を行うことを前提に考えると金額の計算がしやすいでしょう。ボトックスエラは持続時間が数カ月しかないので、効果を長続きさせたい時には何度か施術を受けることになるからです。会員になると安く受けられることもあるので情報を集めてみると良いでしょう。ボトックスエラは効果が永久に続く施術ではありません。薬の効果は数カ月程度で薄れてきて次第に元の状態に戻ります。そのため、一度でも効果を実感することはできますが、一度だけ施術を受けてもその後継続しなければエラの部分が元に戻る可能性が高くなります。しかし、何度か施術を受けているうちに持続時間が長くなる人が多く、次第に施術を受けなくてもエラがほっそりした状態が長く続くようになることもあります。持続時間には個人差が大きいのではっきりとは言えませんが、中には何度か施術を受けた後細織とした状態が長く続くようになり、そのままの状態が維持できる人もいます。筋肉を使う癖がなくなると、咬筋を使う習慣がなくなるなど筋肉の使い方が変化してきているからかもしれません。全ての人がそうなるわけではありませんが、持続期間が長くなることは多いので施術の回数を少なくすることはできます。この時に大切なことは効果が完全になくなってから次の施術を受けるよりも、効果が残っている時に次の施術を受けることです。完全に効果がなくなってしまうと2回目以降でも持続期間が長くならないこともあるので、できるだけ同じ状態が維持できるよう、効果が残っている時に次のボトックスを受けましょう。